クレジットカードを現金化することができる?

現金クレジットカードを使って現金を手に入れる方法を知っていますか。どうしてもすぐに現金が欲しいけれど、事情によっては用意できないこともあります。そんな時は、クレジットカードを使って現金を用意するやり方を知っていると便利です。そのやり方を紹介します。
■現金を手に入れる方法
インターネットで「クレジットカード現金化」で検索をすると、数多くの業者のサイトがでてきます。その業者のホームページを見ると、より詳しいやり方が説明されています。現金化をしたいと思っている人は、業者のホームページを見てみることをおすすめします。
業者が販売する商品を、クレジットカードを使って購入し、即時現金をキャッシュバックしてもらうか、商品買取をしてもらうことで、現金を手に入れるという方法です。一般的な還元率が80パーセント代のため、実際に買う商品よりは低い金額になってしまいます。ですが、すぐに現金を用意できる便利さがあるため、多くの人が利用を続けています。
■注意点
クレジットカード現金化は、クレジットカード会社に公認されているものではありません。法律的にもグレーゾーンです。カード利用の規約違反にあたるため、利用停止になる恐れがあります。
詐欺まがいの業者も中にはいます。還元率が異常に高かったり、キャッシュバックや商品買取のタイミングを即日ではなく、遅らせてきたり分割払いにしようとする業者は悪徳業者である可能性が高いです。
クレジットカード会社への支払いがあることを忘れないようにしましょう。現金を用意するためにクレジットカードを使って行った買い物の代金はカードの支払日に支払わなければなりません。その時までに、お金が用意できることを見越して現金化をするようにしましょう。
■簡単に現金が用意できる
クレジットカード現金化は法律的にグレーゾーンであるとはいえ、利用者は後を絶ちません。簡単に現金を用意できることが魅力ですが、実際にやる場合、気をつけないといけない点がいくつかあるので、注意して行ってください。

クレジットカード現金化の方法

クレジットカードクレジットカード現金化はどのような仕組みになっているのでしょうか。
まず、クレジットカード現金化は貸金業の規則に引っかからないために、商品取引があったように偽装するという特徴があります。
その為の方法について、代表的な2つの方法を紹介します。
■買取方式
まず、買取方式です。新幹線の回数券やブランド品、ゲーム機など電化製品といった換金性の高い商品をクレジットカードのショッピング枠を利用して購入し、未使用、未開封のまま中古店や金券ショップなどに転売するという方法をいいます。
この方法ですと、業者を通さずに自分だけで現金化することが出来ます。
これまでは買い取ってくれる業者に来店しなければなりませんでしたが、最近ではネットを介して郵送で買い取ってくれる業者も存在するようです。
しかし、中古品の取引には古物商の許認可が必要となります。
無許可で買い取ることは禁じられているので、売りに行く場合は店にこの許認可があるかどうか確認しなければなりません。
また、クレジットカードで購入した商品は、その決済が完了するまではクレジットカード会社に所有権があるので、横領罪となる危険性もあります。
■キャッシュバック方式
次に、キャッシュバック方式です。こちらはクレジットカード現金化の業者に頼んだ場合にとられる方式です。業者が販売する商品をクレジットカードで購入することで、キャッシュバックとして換金率に応じた現金が口座に入金されるというものです。
この方法は業者との取引という形になるため、手数料がかかります。
表面上は商品を買い取ってキャッシュバックをもらうという取引なので、転売などとは違いますが、この商品を巡っては、消費者を誇大広告や不当景品による不利益から守るための法律である景品表示法に触れる可能性が指摘されています。
■他にも方法は増えている
最近では現金化の方法も増え、Amazon商品券の買取方式や、キャンセル方式、携帯電話のキャリア決済現金化など、さまざまなものがあります。
しかし、そのどれもが問題視されているのには変わりません。現金化したいという人は、どうかそのことを深く心に留めておいてください。

[PR]クレジットカード現金化を深く知る!オススメは『即日マネー.net』

■Amazon商品券などの金券を現金化
商品券などの金券を持っているのであれば、それを業者に現金化(買取)してもらうことが可能です。換金率も高めなので、戻ってくる現金に満足いくのは間違いないでしょう。
何かのゲームの景品や、プレゼントで貰った金券を持て余しているという方は是非ご覧になってみてください。